HOME > Profile

村主真裕美 Mayumi Suguru

プロフィール

R0011256★★.jpgR0011256★★.jpg
1961年7月27日 愛知県生まれ
6歳よりピアノを始め、高校音楽科にてクラシックピアノを学ぶ。
在学中より、Jポップ、ビートルズ、洋楽等のバンドにキーボーダーとして参加、ライブ活動を行う。
1988年より、レストラン、ホテルラウンジ等にて、ソロピアニストとして、演奏活動を開始。
合唱団、ゴスペルユニットのピアノ伴奏の編曲をし、伴奏者としても演奏会に参加。
1994年、ジャズを本格的に学ぶ為、ジャズピアニスト納谷嘉彦氏に師事。
2008年、Vo.宙理(アマリ)氏のCD製作のアレンジャー、そしてピアニストとして参加。
2009年、Vo.+ピアノカルテット「Suguhaloop」結成。
2010年、「橋本真裕美カルテット」結成。ジャズ界の巨匠マイク・マイニエリ氏、クラシック界の巨匠リチャード・ストルツマン氏と明泉寺チャリティーコンサートで共演。
2010年12月、愛知県岡崎市、「岩津天満宮」(余香殿)のホームページ(5/23梅もぎ神事「毟初祭(もぎそめさい)」動画のバックで流れています。)及びCM曲「梅の香の中で」を作曲。
2011年1月、CBCラジオにて、オンエア。
2011年7月、リゾートトラスト主催「うちやま料理ものがたり 2011賞味会」出演。
2012年8月、稲沢市 ワンコインコンサート出演。
2012年「村主真裕美カルテット」に改名。
2013年3月、稲沢市 ワンコインコンサートスペシャル音楽三昧~情熱編~出演。
2013年5月、稲沢市 リーフウォーク(ユニー、アピタショッピングモール)出演。
2014年3月、名古屋市緑区老人クラブ連合会「寿大学」ゲスト出演。
2014年7月5日 日本ミュージック・ケア協会会員、及び同協会規定の音楽療法に関する理 論・実践研修修了


「村主真裕美カルテット」プロフィール
110724_165500.jpg110724_165500.jpg

mslogo_003.png2010年「橋本真裕美カルテット」結成。ピアニスト橋本真裕美を中心に、ボサノバ、サンバ、ジャズ、フュージョン、ブルース、R&Bの他、ポップス、演歌等ノンジャンルで対応可能なバンドとして多方面で活躍中。2010年、ジャズ界の巨匠マイク・マイニエリ氏、クラシック界の巨匠リチャード・ストルツマン氏、ニューヨークで活躍中のマリンピスト 吉田ミカ氏他と明泉寺チャリティーコンサートで共演。
2012年「村主真裕美カルテット」に改名。

●ギタリスト 舘 博之
中学校の学芸会での合奏曲目「禁じられた遊び」をきっかけにギターを始める。当初はその頃流行していたフォークに熱中していたが、フュージョンギタリストのリー・リトナーに影響を受け、フュージョンミュージックに傾倒、大学に進んでからエレキギターを手にする。ロック寄りの楽曲から徐々にジャズ系の音楽に興味を持ち始め、ジャズを学ぶ過程でボサノバに出会う。これまでニューミュージック、ロック、歌謡曲、フュージョン等様々なバンドに参加。ベーシスト武田有史氏とは幼馴染。ライブハウスやイベントでの活動を経て現在に至る。ジャズギターを渡辺のりお氏に師事。

●ベーシスト 武田有史
小学生時代、渡辺貞夫の"HOW'S EVERYTHING"に出会い、ジャズに目覚め、ボサノバ、フュージョンに感動する。中学時代よりギターを弾き始め、大学卒業後マーカス・ミラーの影響を受けてベーシストに転向。その後ジャズ、ブルース、ポップス、ファンク、R&B、ロック等ジャンルを問わず、エレキベース奏者として数々のグループ、ユニットに参加し、様々なライブハウスに出演。ウッドベースをジャズプロミュージシャン鈴木義彦氏に師事。ブラジルのプロミュージシャン木村マルセロ氏のレッスンを受け、ボサノバ、ラテン、サンバ等を学ぶ。木村マルセロ氏率いるユニットグループのベーシストとして、ジャズ・ブラジリアンライブバー等で活躍。世界的なミュージシャン、スティーブ・ガッドエディ・ゴメス、マイク・マイニエリ、リチャード・ストルツマン、吉田ミカ氏等と共にチャリティーコンサートを企画・主催し、プロデューサーとしても活躍。

●ドラマー 福田雅之
高校時代よりフュージョンバンドを結成し、ドラムを始める。大阪でのスティーブ・ガッドのライブにて多大な影響を受ける。フュージョンと同時にポップス系ボーカルバンドに参加し、ライブハウス、FMラジオ等出演。コンテストにて決勝進出し、合歓の里大ホールなどで演奏。その後、ジャズに傾倒。ミュージックベルライブ、吹奏合唱団、フォークバンドライブでも活躍。自慢はスティーブ・ガッド氏直筆サイン入りスネアドラム!

ヴォーカル 山本麻祐子
IMG_4354★★.jpgIMG_4354★★.jpgコップなごや水基金テーマソング「たゆたふ」、東日本大震災復興応援歌「だいじょうぶ」、野田塾TVCM曲「ゆめとてとめ」をリリース。
光のように透明で神秘的な歌声のヴォーカリスト。
「たゆたふ」を発表後、東日本大震災復興応援歌「だいじょうぶ」がZIP-FMに取り上げられる。また、「野田塾」TVCMにて、「ゆめとてとめ」がCM曲に起用される。
村主真裕美カルテットのユニットレギュラーとなり、
Mayuko Yamamoto with Mayumi Suguru Quartet として2013年7月より活動開始。

アルトサックス Mari
R0012694★★.jpgR0012694★★.jpg愛知県岡崎市出身。
3歳からクラシックピアノを習い始める(18歳まで)
小学5年生からブラスバンド部でクラリネット。
中学・高校は吹奏楽部でアルトサックス。
大学でジャズ研に入りジャズと出会う。
村主真裕美カルテットライブに飛び入り参加したことがきっかけで、カルテットに見初められユニットレギュラーとなる。音色、フレージングセンスが素晴らしい逸材のサックスプレーヤー。
村主真裕美クインテットとして2013年8月より活動開始。





コンサート記録ボタン★.jpg